ぶっちゃけ、四年大学もでていないし、英語も最初はできなかった、2人の出産をはさみながら、梅田香子が年収1200万円ペースでどういう仕事していたか、その内訳と激動の日々が赤裸々に綴られています。
41Pi385SfrL._SY346_ (1)

 スポーツを現場で取材することで、テレビでは映せない舞台裏や選手の心理劇を伝えられるのがスポーツライターの特権。イチローやジョーダン、野茂らを取材したあれこれ、アメリカの記者など、舞台裏を紹介。


1997年刊行の話題作が待望の電子書籍化!アマゾンでは予約受付中です。

【著者プロフィール】
梅田香子(うめだ・ようこ)
実践女子短期大学英文科卒。もともと星野仙一の大ファンで、19歳から二十歳にかけて自作のミニコミ紙「星野新聞」に小説を連載していた。1986年、女性プロ野球選手を描いた『勝利投手』で第23回文藝賞佳作。同作は十二万部を超えるベストセラーとなり、東映が劇場アニメ映画を制作した。野球のみならずフィギュアスケートやバスケットボールなど、多くのスポーツを取材するスポーツライターに転じる。1991年、米国永住権取得。